2009年08月23日

タイの帰省で感じたこと

妻の実家があるタイのチェンマイに帰省してきました。

妻と子供は2年ぶり,私は4年ぶりのタイでした。

(2年前は,2次試験に集中するためキャンセルしました)

4年ぶりのタイは,

かなり経済発展していました。

デモ隊の占拠で有名になった巨大な新国際空港の様子や

街を走る日本車も新しいデザインのものが増えていたことなど

街の外観だけ見ても,かなり経済が良かったたことがうかがえました。

妻の親戚や同級生の多くが,車を新調したり不動産を購入していて,

さらに経済の沸騰ぶりを感じることができました。

経済危機の影響でタイもかなりの不況のようですが,

それでも,若い方々が前向きに働いている社会は

健全だなと感じました。

翻って,日本はどうでしょうか?

鹿児島のような地方では,金融危機の以前から雇用があまり増えず,

長い間,閉塞感で包まれています。

















posted by クンミー at 23:00| 鹿児島 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クンミーさんのメッセージにきづくのが遅かった上に、行動してからご連絡を・・とも思いまして、お礼が大変遅くなりました。
いつぞやは、コメントありがとうございました。
あれから、T氏に連絡をしまして、地理的に面談はかなりませんでしたが、電話にてアドバイスをいただきました。
昨年の冬から、だらだらと学習を続けていましたが、こんな直前になって、やっと、なぜ自分の答案が変わらないのか得点できないのか・・と考えだしました。
私は、なんのために回答を書いているのか・・・など考えていたら、当たり前に繰り返し聞いていたことが、あれ!?そういうことか・・・と、T氏のアドバイスもあり、気づきまでは至っていませんが、光のさす方を少し向けたかな・・・といった感じです。

クンミーさんのメッセージがきっかけになりました。本当にありがとうございます。
あとわずかな時間になりましたが、最後まで力を尽くしたいと思います。
Posted by いもぺんき at 2009年09月07日 13:07
>いもぺんきさんへ
お返事いただいてありがとうございます。
また,私のコメントを真剣に受け止めていただいて,
行動に移していただいてよかったと思いました。
いまから本番の事例Wの終了時刻まで,死力をつくして取り組んだなら,きっと良い結果がでます。全力を出し切ってください。
Posted by クンミー at 2009年09月08日 21:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126334235

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。